人財を育てる人事制度の構築

沖縄で事業を展開する企業のみなさま、沖縄の人材活用にお困りではありませんか? 

 

最近ではすっかり全国的に有名になった「沖縄タイム」という言葉に象徴されるように、沖縄にはのんびりとした時間が流れています。それもバケーション中であれば良いかもしれませんが、ビジネスとなれば話は全く違います。特に首都圏や大都市といったビジネスの一線で活躍されてきた方々からみれば、沖縄の人材といえば、決められた時間を守らず仕事が遅い、自ら仕事を覚えようとする向上心がない、創意工夫をしない、自己中心で気配りができない、整理整頓ができない等、およそビジネスには向かない要素ばかり目につくことでしょう。

 

しかし沖縄の人材に能力がない訳ではありません。彼らは、仕事の意義に気づき、成長の具体的なステップを見つけることができれば、ちょっとした「練習」を繰り返すだけで、目覚ましい能力を発揮してくれるようになります。それを可能にするのが、当事務所が導入を支援している「人財を育てる人事制度」です。


会社にとって「人材」は最も重要な要素の一つですが、ただいるだけでは「人在」というどうでも良い存在です。それも自分の給料の分の生産性すらあげられない状態が続けば、会社にとって「人罪」という悪しき存在になってしまいます。しかし逆に、常に向上心をもって創意工夫を行い、高い生産性をもつ人材は、「人財」という会社にとっての財産になります。私共の人事制度は、あなたの会社を「人財」であふれる会社にすることを目的としています。

人事制度1.jpg

 「人財を育てる人事制度」とは?

現在、大企業を中心とした日本の人事制度は、欧米から取り入れた成果第一主義、個人主義といった考え方に基づいて、「できる社員」と「できない社員」を選別する制度が中心となっています。この制度は、会社に頼ることなく個人の成長を追求する欧米や大都市の一流企業であれば、社員の中に激しい競争が生まれるので、会社としての生産性は高まるかもしれません。


しかしこのような欧米型の人事制度は決して沖縄には合いません。何故なら、沖縄の社会は長い間、個人間の競争ではなく互いに助け合うことで、形作られたものだからです。そんなところに欧米型の人事制度を入れたところで、いつまでたっても「できない社員」にやる気を出させることはできません。それどころか、「できる社員」まで目標設定を低くし、努力することを止めてしまうので、会社全体の生産性自体も低くなってしまいます。


沖縄の企業にあった人事制度は、個人間の競争を促すものというよりも、制度自体が、一人ひとりの仕事の役割を明らかにし、具体的な成長の道筋を示すものでなければなりません。それは「できない社員」を切り捨てるのではなく、みんなを「できる社員」に育てるための制度です。「人の育成」に主眼をおくと、人事制度は下記のような好循環を生み出し、成果が上がり続けるようになります。


人事制度2.jpg

 

「人財を育てるための人事制度」の詳細を見る。

▲このページのトップに戻る